ある画家のアトリエ

一人の画家が、キャンバスの向こうに、そして自分に向き合い、一つの絵画を生み出し、鑑賞する場所。
そこは、住宅に求める居心地の良さとはまた違う、静けさや、緊張感を纏った場所。
そこに、劇的な何かは必要ない。ここでしか生み出されない、特別な光や気配が存在する。
このアトリエは、そんな場所であるべきだと思った。
確かに変化する日常の中に何かを捉え、表現する画家は、その変わるけれども変わらない、
雲の動き、水音、緑の濃淡、一日の陽の移ろいを感じながら、
またキャンバスに向き合う。
所在地
大阪府泉南郡
構造
木造
敷地面積
200.23㎡
延床面積
78.83㎡
竣工
2017年
施工
安部工務店
撮影
小川重雄

願正会鶴見学園 保育園

大阪市鶴見区にある寺院、願正寺。
その境内にある昭和20年より続く保育園の建替。
仏教精神に基づいた保育を実践する保育園、本堂、庫裏、鐘楼といった仏教建築の中にある保育園として、ふさわしい立姿を意識した。
日本建築らしいシンプルで大きな屋根が建物を覆い、半屋外となる深い軒下空間が、子供たちのいきいきとした活動を生み、寺院と保育園の緩衝ともなる。
園児達が、園舎を寺院の一部のように感じ、仏様を身近に園生活を送り、成長してくれることを願っている。
所在地
大阪市鶴見区
構造
鉄骨造
敷地面積
499.56㎡
延床面積
492.43㎡
竣工
2018年
施工
誠廣
撮影
松村芳治

ShelfⅣ/Funiture

階段の踊り場と繋がるようにデザインしたテレビ台。
階段と同じく壁から持ち出す構造としています。
制作
安部工務店
素材
オーク
撮影
小川重雄

ShelfⅤ/Funiture

リビングと一体に使う畳の部屋に、飾り棚にもなるテレビ台が欲しいという要望から生まれました。
和室にみられる違棚をモチーフに、現代のインテリアに合うよう、モダンにシンプルにデザインしました。
ロシア産の楢と、筆返しはミャンマー産のチークで構成した、日本らしいデザインの棚です。
制作
坂田卓也製作所
素材
楢、チーク

ShelfⅠ/Funiture

飾り棚と思ってデザインしたテレビ台
軽やかに浮かせた棚板は、椅子に座った時に、ほっと落ち着く高さです。
制作
isDesign
素材
オーク

ShelfⅡ/Funiture

ウーハー組み込みの飾り棚です。
テレビを壁掛けにされているので、棚板のラインをより強調したデザインとなりました。
制作
坂田卓也製作所
素材
オーク

ShelfⅢ/Funiture

本棚とアクセサリーなどの小物入れの他に、花を飾る部屋にしたいというリクエストからうまれた家具。
小物入れの引手は目立たず、そして触りやすく、この家具の為にデザインした形状です。
制作
二葉家具
素材
オーク